いとこの子供

こんにちは、ズレコです。

この前の土曜日、母に誘われ、いとこの子供の運動会を見てきました。小6男子、小4女子、来年小学校の男子の3人です。

最初は、親戚の運動会に行くという発想自体なかったため驚きましたし、迷惑なのでは? と思いましたし、恥ずかしガリータなのでわりと強めに拒否していました。

しかし、なんだかんだのすったもんだがあり、かくかくしかじかで行くことになりました。

 

一時間も居ませんでしたが、いとこの長男(小6)が児童会長をやっているらしく、午前の部終了の挨拶をする姿を見ることができました。

その結果、なぜか落涙しました。

年に一度会うか会わないかですしちゃんと会話したこともないのに……。

なぜ落涙したのかよく分かりません。

母もちょっと泣いていました。

ちなみにその子の家族はまったく泣いておらず、平然としていました。

私の中では2歳くらいの頃の姿がいちばん印象に残っているので、ギャップに胸を打たれたのだと思います。

その子が比較的童顔なので、そこまで育っていたという実感がなかったのかもしれません。

 

12年くらい前に乳児だったあの○○くんが……。

幼子相手にすら緊張のあまりほぼ無言の私と一緒にトランプをしてくれたあの○○くんが……。

どうやら「パンツぱんくろう」が好きだったらしいあの○○くんが……。

私の家の尋常じゃないほど汚い台所の床に無邪気に座り込んでいたあの○○くんが……。

この世のすべての衣類を「センタクモン」と呼んでいたあの○○くんが……。

 

今や立派に2人の兄をしていて、児童会長までしていて、結構な人数の前で挨拶をするなんて……。

 

と思うとちょっと泣けました。

 

その翌日野暮用でその子たちの家へ行ったのですが、次男がおせんべいを食べるときに海苔を先に剥がして食べ、そのあとにせんべい本体を食べている姿にも胸が苦しくなりました。

せんべいを食べられるほど歯が発達していることにも胸を打たれましたし、先に海苔だけ食べるというのが渋くてかわいすぎると思いました。

 

中学生くらいになると急激に成長すると思うのでさらに驚かされるのだろうなと思います。

これからも楽しみにしています。

10月 1, 2015

コメントを残す