服の色

こんにちは。事務のズレコです。

いつもどうでもいいことばかり書いてしまいスミマセン……。

今日もどうでもいいことを書きます……。

 

先日、テレビで、とあるお笑い芸人の方の服のセンスが悪く色遣いがおかしいという話題を扱っていました。

なぜその色の服にその色の靴下を? ということが話されているのを観て、私は久し振りにあることを思い出し悶絶してしまいました。

 

もう1年以上前のことです。私はその日、共通の趣味についてメールのやりとりなどをしていた女性とほとんど初めて実際に会うことになりました。会うまでは非常に緊張していましたが、趣味の話題で盛り上がって楽しく過ごすことができ、今でも良い思い出です。

しかしそれから時折ふとしたきっかけで思い出しては「ウッ……」とうなり声をあげてしまうトラウマが私のその時の服装です。

私はその日、何とも言えない渋い赤色のセーターに、4年ほど着倒して色落ちしまくったベージュのロングスカート。そしてスニーカーに、なぜか若草色のくるぶしソックスといういでたちで集合場所の渋谷に降り立ってしまったのでした。

当時の私はなぜよりにもよって若草色をチョイスしてしまったのでしょうか? くるぶしソックスならばセーフだとでも思ったのでしょうか?

良かれと思って若草色をチョイスしたわけではなく、そこに若草色の靴下があったから偶然手に取ってしまったのです。

若草色にするくらいなら石田純一スタイル(素足に靴)で行けば良かったです。

その女性はそれから数ヵ月後に結婚で東京から北海道に引っ越してしまいました。また、同じ趣味の他のご友人とトラブルがあったらしく、その趣味から遠ざかってしまいました。しかも、ニックネームで呼び合っていましたので、本名も知らない方です。

北海道は遠いですし趣味もやめられましたし結婚なさったということは私が相当無理を言わない限りは二度と会えないと思います。過去の自分に「若草色だけはやめておけ」と言いに行きたいです……。

今後は一期一会ということを意識し、慎重な服選びをしていきたいと思います。

 

おそらく「あのとき若草色の靴下を履いて行ってしまって後悔しています」と言ったら「履いてましたっけ?」とおっしゃると思うのですが……。

11月 26, 2015

コメントを残す