ミックス相談室

指定事業所番号:1070104789(前橋市)

介護保険制度における居宅介護支援事業(ケアマネジメント)を行います。ソーシャルワークの技法を駆使し、質の高いケアマネジメントを行います。特に精神障害を有する高齢者の居宅介護支援においては、精神保健福祉に関する専門的な知識や技術を活かしたケアマネジメントを行うことができます。
居宅介護支援は介護保険ですべて給付されるため、利用者様の自己負担はありません。

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは
介護保険制度開始時(平成12年4月)に、サービスを調整し対象者を支援する手法としてケアマネジメントの考え方が採用されました。その手法を介護保険法上では居宅介護支援と呼び、その従事者を介護支援専門員としましたが、ケアマネジメントやケアマネジャー(ケアマネジメント担当者)の方がわかりやすく一般的にも浸透しているようです。

居宅介護支援は疾病や加齢によって、高齢者が今までの生活を送ることが困難な状態となり、必要とされる保健・医療・福祉サービスを受けられるように調整することを目的としています。ケアマネジメント自体は、元々は精神障害者のための援助技法としてアメリカやイギリスで発展いたしました。

ケアマネジメント流れは、1)インテーク(受理・振り分け面接)、2)アセスメント(生活課題の分析)、3)プランニング(サービス計画の立案)、4)サービスの実施、5)モニタリング(サービスの進行中における評価)、6)サービス評価(最終的な評価)、7)フィードバック、または再び2)からのプロセスとなります。